年金差し押さえや税金滞納者は今後も増加していく

様々な環境の変化や経済的な変動を回避できないシーンが現代の日本ではあります。 破綻するという意見も飛び交う中で年金差し押さえは老後の暮らしを保障する為に無くてはならないものです。 高齢者となって働けなくなった時に頼りになるのは、貯蓄と年金という事になるでしょう。
そのどちらかが欠ける事で、生活が不自由になる可能性もあるのではないでしょうか。
老後に支給される金額は、それまでに毎月支払ってきた金額が基礎となります。 つまり、こうして25年間を超えて保険料を納付する必要がありますし、そしてこれがその納付金がメインの基金を支えています。 毎月支払う保険料とは、将来の自分が受け取る為の積み立てでは無く、つまり、これは現在受け取っている人の年金を支えている事になります。 高齢化社会に向けて税金滞納や少子化の現実を見据えると、保険料を支払う側と受け取る側の人数の比率が逆転をしている現実を踏まえましょう。 本来保険料納付は国民の義務ともなっているのにも係わらず、保険料を納付しない人に対して、この度強制徴収による資産の差し押さえが、ここでやっと決定したようです。 こういった対象は自営業者らが加入する国民年金の加入者の内、年収400万円以上ある人で、トータル13か月以上の保険料滞納者となっています。 年金差し押さえ対象となるのは、推計では14万人となる計算の見込みだそうです。

銀行口座

対象となるかどうかは年金差し押さえは予想できない

差し押さえについてはこれまでも行われて来たという事ですが、それも保険料滞納全体の0.2%にしか過ぎなかったようです。 その理由の1つとして挙げられるのは、一連の年金記録消失問題の対処に長い年月を要した事が挙げられるという事です。 このタイミングで年金差し押さえ強制徴収に積極的に乗り出したのは、この問題が一段落付いた事もあるようです。
今まで消失した記録の回復につとめて来た要員を、今後は保険料徴収の為に大量に動員するという事です。
遡ると2009年から社会保険庁より日本年金機構に民間委託となって以来は、このように積極的に業務に取り組む姿勢を見せて来ている現状を考えるならば、今回の資産の強制徴収にも本腰を挙げて取り組む事が容易に想像されるでしょう。 差し押さえについては、強制徴収をするだけの資産が無ければ、配偶者や世帯主からも連帯してその責任を負う義務がある事から強制徴収を行う事もあるようです。 資産が無い事で強制徴収をされる事は無いと安心をしていると、これが家族にも迷惑を掛ける結果となるので、税金滞納には注意が必要となります。 実際に、このように措置を講じるのは税務署でも国税庁でもなく、同民間委託の職員という事です。 元々強制徴収をする権限を持ち合わせているという事なので、法律で認められている業務に徹する事は当然の事であります。 ですから今後は「お役所仕事」と言われていた当時のような手緩い手法ではなく、こういった結果を出す事を求められる民間組織として使命感を持ち業務にあたる事が予想されるのではないでしょうか。 その事を十分に理解し、対象に督促状が届いた時には直ちに対応にあたる事は必要ではないでしょうか。 そして納付する余裕の無い場合には、その旨を速やかに関係各所に申し出る事です。 このように回避する対応策を提案して貰える事もあるかも知れません。 計算し納付の意志のある加入者に対しても強制徴収をする事は、年金差し押さえの今回の措置の本意に反すると言えるでしょう。

違憲

未納期間が長ければ年金差し押さえの可能性も上がる

現在高い割合で推移している未納率を低下させ、国民年金への信頼を回復させる為に、差し押さえは実際に強制徴収を始める手順とは、まずは電話や戸別訪問で対応を始めるという事です。 その際に保険料支払いの催促を行いますが、それに応じない滞納者には督促状を送付する事としているようです。
その段階で一定期間を経過すると納付する義務が消滅する「時効」までの時間の経過を停止する事になるようです。
具体的に言うならば、催促状を送付してから2年間を経過すると時効となり、計算すると保険料の支払い義務が無くなりますが、督促状を送付する事で催促状の時効はリセットされて、新たに2年間の時効がセットされるという事です。 その段階になると保険料が支払われる日までの延滞金も加算される事になるようです。 督促状を送付したにも関わらず保険料納付に応じない場合は、最終的な手段として前述のように資産の年金差し押さえ強制徴収に乗り出す事となるようです。 具体的には流動性の高い銀行預金等の差し押さえから始まります。 それでも滞納している保険料や延滞金の合計金額よりも不足している場合には、有価証券や所有する自動車等でも差し押さえを行うとしています。 差し押さえの目的は、資産を勝手に処分されないように凍結してしまうという回避です。 強制徴収の対象者については2015年以降では基準となる年収の金額を引き下げる事も視野に入れ、税金滞納に対する強制徴収者を拡大して財源の増加を図る事を検討しているようです。 現在は20歳代の人を対象にして、所得の低い保険料納付の困難者には、加入期間に算入する事が出来る上に支払いを猶予する事が出来る制度があります。 2016年からは猶予される人の年代を20歳代に加えて30歳代から40歳代にも拡大する事となっています。勿論納付を猶予されている人は、その期間の猶予された保険料の合計額に応じて将来の支給額が減額される事となります。 それでも所得が増加した時には、年金差し押さえは10年以内に猶予されていた分の保険料を支払う事で将来の支給額の増額をする事が出来るという事です。

市区町村の役所で年金差し押さえにならない手続きをする

保険料を後からまとめて支払う事も可能となっていますが、差し押さえは現在では2015年9月までは最大で10年間分の保険料を遡って全額をまとめて支払う事が特例として認められています。
更にそれ以降も5年間分の保険料をまとめて支払える事になっているようです。
差し押さえの保険料全納については、かねてからの問題により若年層の人達にとって信頼のおけない対象と位置付けられてしまった事が起因して保険料未納問題を引き起こし、就職難の時代を経て非正規労働者が増加した事により低所得者も増加し、結局は保険料支払い猶予者も増加させる事にもなっているようです。 しかし景気は上向き非正規社員を正規社員に登用する企業も増加している事から、今後は若年層だけでなく全ての年代においても保険料納付率の向上を期待出来るようになるかも知れません。 しかしながら、それと同時に年金への信頼の回復も重要となります。 若いうちから保険料を払い続けて25年以上経過し、いざ自分が支給される順番になった時に、現在知らされている年金差し押さえ金額を本当に支給して貰えるのかという事に不安を感じている事が、未納の大きな理由となっているのではないでしょうか。 国内では20歳以上の方を対象として年金制度というものが用意されています。 20歳を過ぎると基本的には毎月にわたって国民年金を支払う義務が生じるものです。 これを回避するには会社員や一定の時間を勤務しているアルバイトの方のケースでは、いわゆる社会保険に加入していることが多く、このケースでは給料から自動的に差し引かれていることが一般的になります。 厚生年金の場合では、労働者と雇用者側が折半して支払うことになっております。 計算は収入の額面によって決められることになります。 その結果として一般的な会社員の際では、税金滞納で払い忘れることが無く、毎月の給料明細で支払っていることを確認することが可能になります。 年金制度は20歳以上の全ての方に対して基本的には支払い義務が発生することになります。 差し押さえは受給資格を得ることのできる年齢に達するまで支払うことが前提とされています。 度々の法改正によって変動する部分があるのですが、基本的には25年間以上支払ってから、初めて受給資格を得ることができることも特徴とされています。 したがって、20歳から払い続けた方の時では概算で45歳まで支払い続けることができたならば、将来の受給資格を得ることが理屈上では可能とされています。 そんな中、会社員の中でも社会保険に加入していないケースや、休職中の方、または学生の場合では年金を支払うことをせずに滞納してしまっている方も数多く存在していることが統計で分かっています。 このパターンでは、各々の収入によって大きく変わる部分となるのですが、年金差し押さえは一定の収入を得ている方の状態では、この対象となることがあるために、注意することが必要になります。

主婦

年金差し押さえ免除を受けるために必要なこと

一例としては年収が400万円以上ある方の場合で、13か月以上滞納してしまっている方の時では、資産などを差し押さえして、税金滞納は強制的に支払うことを行う指針も登場しています。 しかし、中には失業中の方や、病気などによって仕事に就くことが困難になってしまった方も存在しています。
このケースでは差し押さえ免除申請を忘れずに行っておくことが何より大切になります。
免除申請については社会保険事務所などに出向くと全てを知ることができるもので、同時に手続きを済ませることが可能となりますが、得ている収入の額面によっても細かく免除内容が変わることになります。 例えば無収入の方の状態では、全額免除に該当することになり、他には4分の3免除や半額免除、2分の1免除、4分の1免除など様々な設定が用意されています。 この全ては収入額によって変わることになるために、申請時には収入を申告することが年金差し押さえは回避が必要とされています。 免除申請を行っている方の時では、たとえ全額免除となっている方の際でも、滞納者とは取り扱いが全く異なります。 基本としては3分の1だけを納めていることになるために、将来に受け取ることのできる額面が減少してしまうことになりますが、それでも滞納者となってしまい、未払いのままで受給資格を得ることができないことを考えたケースでは、非常に効果的に活用することのできるシステムになります。 また、若年者の場合では一定の猶予期間が与えられるシステムも構築されているために、これの対象は年金に支払いに関しては常に本人の得ている収入を見ながら決定することもおすすめになります。 また、国の制度としてこれまで数回にわたって実際に行われてきた内容がありますが、無収入の方で免除申請を行っている方の時でも、遡って過去の部分を支払うことのできるケースもあります。 通常では過去3年間に限って後納付することを可能としているものになるのですが、計算して年金差し押さえ時には10年前まで遡って支払うことを可能としている期間を設けるケースもあるために、金銭的余裕の出来た方の際では、随時チェックを行って、できるだけ後納付制度を活用することも良い手段になります。

世帯主