違憲や人権問題について様々な情報がある

現在は、違憲であるというトピックもあるものですが日本は少子高齢化により公的年金の存続が危ぶまれている状況にあります。 公的年金は、その担い手である若年層が少子化により数がすくなるなる一方です。 その受けてである高齢者は医療技術の発達により長寿命化が進むなど、その数は増え続けています。
年金制度を維持していくためには、その担い手となる若年層からの掛け金の納入が必須となります。
日本の場合、若いときにしっかりとルールを守り積み立てて、積み立てた部分を高齢者になったときに支払う、いわゆる積立方式ではこの種類はないのです。 そして働く現役世代の人達が払い込んだ分の額を高齢者に支払うことです。 このように賦課方式をとっているためです。 結局はこうしたことにより、制度の維持には、若年層の継続的な掛け金の支払いがどうしても必須となります。 そうしたことも現在危ぶまれていますが、結局はその理由としては、長引く景気低迷により影響を受けました。 大手も企業の業績が低迷してしまったことにより、これは従業員である若年層の給料がここから引き下げられたことが考えられています。 また、企業業績が低迷した中で、経営を安定化させるためです。 こうして正社員として採用するのではなく、派遣社員や契約社員として若年層を雇うようになりました。 これは契約社員や派遣社員は、正社員と異なり、福利厚生や昇給など大きく待遇が低い状態にあります。 また、そもそも違憲となるかは状況次第ですが正社員のように解雇に対してもです。 厳しい条件が課されているとは言えず、契約期間が終わればすぐに解雇されるケースも想定されます。

銀行口座

払わないでも違憲にならない逃れ方はある?

そうした雇用状況が不安定な中では、安定した給料を受けることができにくいためです。 ここでは掛け金の払い込みも滞ってしまいがちです。 また、違憲でなくても企業が倒産したり、リストラされた場合はどうでしょうか。 そもそも給料が入ってこないため、日々の生活を維持するだけでも必死なため、いくら頑張っても納入が難しい場合があります。 特に、自営業者や一定のパートタイマーなどが加入する国民年金基金は、それ以外のものと比較してそうした影響を受けやすく、将来的に積立金が枯渇すると心配されています。 年金制度の維持は、日本国民にとって高齢者となって末永く余生を過ごす際の重要な生活インフラとなっています。
そのため、この状態の徴収は制度維持のため、絶対不可欠のものになっています。
掛け金を支払うことができるにも関わらず、故意に支払わない場合はどうでしょうか。 所有する財産の差し押さえがされる場合があります。 これは、所得が400万円以上ある長期滞納者から差し押さえを通じて、これまで収めていなかった分をここでしっかりと強制徴収するためのもです。 これには14万人以上の対象者がいるといわれており、いわゆる払う財力があるにもかかわらず、違憲でこれまで故意に支払いを拒否していた人に対するものです。 ここで、差し押さえの前に差押え予告が支払いを拒否した人に送付され、それでも応じない人には、これから強制徴収がされるものとなっています。

世帯主


主婦

いきなり強制的に徴収する事は違憲となります

突然に事前通告することなく一方的に財産を強制徴収するものではありませんが、最終的には一定の手続きがされた後に、財産の強制徴収は行われることになります。 このような場合、そうした行為は違憲になるのではないかという指摘があります。 つまり、日本国憲法では第30条で納税の義務を規定していますが、納税をしない場合は差し押さえをしても憲法に規定があるためです。 その行為には問題はないのです。 年金の掛け金の納付は国民の義務ではない、憲法に規定がないため、違憲ではないかと言う点です。
つまり、税ではない形の財産権にたいして憲法上の制限が許されるのかという点になります。
これについては、国が強制徴収しても違憲ではなく合憲という判断がなされています。 税金と掛け金はその性質が似ていることから含まれていると判断されていると言われています。 こうした判断がなされたことから、今後は年金掛け金を故意に支払っていない人には財産が差し押さえられる可能性が高くなります。



このページの先頭へ