現状では年収によって対象となる世帯主

国民年金保険料の納付は国民の義務であるにも関わらず、年収1,000万円の人でも滞納をしている世帯主も居るという事です。 2014年度より40歳以上の年収400万円以上の人で13か月以上納付を滞納している人全員に対して、督促状を送付したという事です。 今現在で会社に勤めている人は、厚生年金保険料を給料から天引きされているので滞納となる事はないのです。 しかしこれは国民年金に加入する人は自営業者が大半を占めている事です。 この場合は、やはり納付も個別となる事から納付義務の意識が低い事もその理由と言えるのではないでしょうか。
国民健康保険に加入をするのは、自営業者だけではなく非正規労働者も含まれます。
所謂フリーター等がその種類に分類されます。 正規に雇用されていなくても年収が400万円以上あれば、このシステムの制度は40歳代の人ならばその対象となります。 ところで対象者全員に督促状を送付した後に、対象者は全額支払いを済ませるかです。 支払いが無理な場合には支払いの意志がある事を伝えて、分割払いにして貰うことができる方法もあるようです。 そして、このように督促状を送付した時点で時効が停止するのです。 それ以前に送付されているはずである催促状の時効は無効になる為に、ここで新たに2年の時効がこれから発動される事になります。 そして督促状が到着した後に、延滞金を含めた保険料を支払う必要があります。 結果この時に納付を行わず支払いの意志を、ここで表明する事もしない世帯主の場合には、当然の事の様に資産の強制差し押さえが行われるようです。

銀行口座

強制徴収と世帯主がなってしまう確率

差し押さえの対象者となると、預金口座の残高やその他の資産を調べられます。
その後まず最初に差し押さえをされるのは預金口座という事です。
口座を差し押さえられると自分の口座であっても手を出せなくなるばかりか、これが残高で保険料の金額を補てんし切れない場合は残高が「0」になる場合もあるようです。 預金口座の他にも有価証券や車等もその対象の一つとなります。 もし、ここで自分が資産を持っていない時、ここで配偶者や世帯主からも強制徴収をする事になっています。 日本年金機構の職員は法律によって強制徴収をする権利を認められている為です。 ある時突然世帯主である親の銀行口座や残高が差し押さえられ残高も「0」になっている事もあるようです。 その場合には対象となっている人がきちんと保険料を支払う事で、差し押さえられた世帯主の口座は元に戻ります。 残高も元の金額に直ちに戻るという事です。 保険料を支払わないばかりに、時には親にも迷惑を掛ける事もあります。 その反面で低所得者に対しては、世帯主が納付が免除になる範囲を拡大する事になっています。

主婦


違憲

最速嬢が世帯主に届いた場合はどうするべきか

現行では20歳代の人に限定していた免除の制度は、40歳代にまで上限が拡大をされるようです。 その場合でも2015年9月までは特例として10年間分を一括支払いする事が出来るほか、その後の10月からは5年分もまとめて支払う事が出来るようです。
自分や世帯主の口座を守るには、督促状が届いた時点で直ぐに保険料を納付することです。
通常の督促ならばその前に催促状などが届く場合があるようですが、この場合にはいきなり督促状が送付される事が多いようなのです。 一括払いが出来ず分割での納付を希望するならば、なるべく早く対応をする必要があるようです。 このような措置を行えるようになったのは、厚生労働省が日本年金機構の強制聴取の人員を大幅に増やしたという事がその理由のようです。 それまでは社会保険庁時代の記録の消滅の為の対処に追われていた為に、これはほんの一部にしか強制徴収が行われていなかったという事です。 しかしその対応も目途が付いたという事で、今後は財源の確保と国民年金への信頼の回復、若年層の不信感を払しょくする為にも本腰を入れて、これから強制徴収にあたるという事です。 今後は世帯主も年収も更に引き下げて対象者を増やす可能性もあるようです。



このページの先頭へ