主婦もしっかりと現在の家計や支払い状況を把握しましょう

最近は、公的年金制度の維持が主婦に関わらず重要な課題の一つとなっています。
この制度は、国民が高齢者などになり、肉体的に制度的に労働することが困難になった場合です。 結果的には高齢者などが生きていくために必要なお金を国が支払い、高齢者の生活を支えるものとなっているからです。
公的年金制度の維持が困難になっている原因としては、担い手となるパートの若年層が減少し続けている一方です。 逆にこれを受け取る高齢者が医療技術や介護制度の充実により長生きして増え続けているためです。 この制度は、すべて掛け金だけでまかなっているのではなく、こういった掛け金を基本としてです。 これは税金で賄っていますが、これまでの長引く経済不況により、法人税や所得税などの税収が落ち込んだためです。 この制度に支払える税金額が減少していることも問題をここでは複雑化させています。 逆にその他の理由として、制度の支え手である若年層の給料や労働環境が以前と比べて劣悪な状況になっているためです。 これは例えば、これまでは高校や専門学校、大学などを卒業すればほとんどの人は、正社員として企業に採用される状況がほとんどでした。 しかしながら、安定的な企業経営のため、正社員だけではなく、主婦の派遣社員や契約社員として採用を行う企業が増えてきました。

世帯主

専業主婦でも収入が在ったり働いている場合は注意

派遣社員や契約社員は、正社員と比較して解雇がやりやすい状況になります。 特に契約社員は、契約金が一旦終了すれば、それをもって雇うことをとめることができるためです。 企業にとっては人件費の調整弁として位置づけられています。
また、契約社員や派遣社員は正社員のように定期昇給やボーナス、一時金などが支払われないようなケースがほとんどのため、収入が増えることなく、安定した生活基盤を築くのは困難といえます。
このように若年層のうち、一定の部分がこうした厳しい雇用環境におかれる中で、高額な年金掛け金を支払うのは困難といえますが、これは若年層だけでなく、主婦も毎月の掛け金の支払いが困難なケースがあります。 一般的に専業主婦の場合、配偶者がサラリーマンのケースなど、パートなどで働いても年収が130万円以下のケースです。 これは配偶者が掛け金を支払っていることから、この状態では支払う必要が特にはありません。 しかし、その配偶者が故意に能力があるにも拘らず納めないパターンがあります。 こういった現状でどうかんがえても支払う財力があるにもかかわらず、財産を浪費したりして支払う意思がない際などは、未納掛け金の回収のため、財産の差し押さえが検討されるシチュエーションがあります。 財産の差し押さえをする状況は、日本年金機構が行いますが、こうして突然財産を差し押さえすることはありません。

違憲


銀行口座

将来を踏まえて主婦も今の段階で計算をする

所得が400万円以上で、保険料を13ヶ月以上滞納している人を対象に差し押さえがされます。 その前に、催促状が送付され、それでも掛け金の支払いを行わず、その後最終勧告状が送付され、それでも何も改善されることがなく行われなければ、実行されます。
そのため、それまでに未納掛け金の納入が行われれば、保有財産の差し押さえと言う最悪の事態は回避が可能です。
例えば、保有する預貯金が差し押さえされれば、その日からの生活が困窮する際があります。 特に主婦の場合、パートやアルバイトなど生活基盤が安定でない環境があります。 特に、専業主婦の際は、これまで長期間働いていなかったため、突然パートやアルバイトに出て、収入を稼ぐまでには時間がかかる時があります。 また、家庭状況によっては、子供の学費や両親の介護など、突然の出費がある可能性があります。 こうしたケースを考慮すると、専業主婦も、すぐに収入が得られるように社会に出て労働する準備をしていく必要があります。 年金掛け金の未納に対して、今後国は厳しい姿勢を示していく可能性が高いといわれています。 こうした事態を想定して、少しでも不安要素となるデメリットとなる未納がないようにしなければなりません。



このページの先頭へ